アマゾンで頼んでないものが来た!受け取ってしまったらどうすればいい?【体験談】

アマゾンはネットショッピングをする人にとって一度は利用したことのあるサイトだと思います。しかしその便利なサイトで、近年トラブルが発生しているようなのです。

 

今回は、amazonで頼んでいないものが来た事例と、対処法についてお伝えしていきます!

 

身に覚えのない商品が連続してamazonからくる事例が増加中!

 

アマゾンほどの有名なサイトになると、その信頼感を利用して、悪いことを企む人もいるようです。

 

例えば、

  1. amazonの請求額で未払い金があるとの督促メールがくる。
  2. amazonで頼んでいない商品の注文確認メールがくる。
  3. amazonで頼んでいない商品が代引きで届く。
  4. amazonで頼んでない商品が届く(代金は支払い済み)。

など。

 

1.に関しては、商品代金は前払い制なので、偽物(スパムメール)の可能性が高いです。返信せず無視しましょう。amazonではなく、各携帯電話会社の申告窓口に報告します

2.に関しては、アカウントを乗っ取られた可能性が高いです。早急に登録メールアドレスやパスワードを変えましょう。クレジットカードの情報は、ログインしただけではわからないのでご安心を。注文履歴を確認して、キャンセルの手続きも行います。

3.に関しては、どこかの業者がamazonから代引きで商品を購入させようとしている詐欺の可能性が高いです。

 

4.のパターンについて、今回はお話しようと思います。

 

 

多く挙がっている事例としては、突然身に覚えのない商品が届き、しかも連続していくつも届くというものです。2017年~2018年頃から増えはじめ、2019年からは、代引きにして請求が発生するパターン(上の3.)に移行しているようです。

 

特徴としては、以下の通りです。

  • 差出人は不明。手がかりからすると、国内の業者や中国の業者がかかわっている可能性が高い。
  • 宛名の名前や住所の一部が誤っていたり、抜けていることがある。
  • 中身は日用品が中心で、誰かからのギフトとしては考えにくい商品が多い。
  • 中身のamazonでの値段は、高価なものもあるが、安価なものが圧倒的に多い。
  • 商品がまとまった個数で届くケースもある。
  • 届く頻度は連日のこともあれば、間をおいてまとめてのことも。一度届くと何度も届き、半年~1年程度続いた人もいる。

頼んでいない商品が一度きただけでも驚きですが、連日となると恐怖でしかないですよね。

 

(2020年2月1日追記)

この記事を書いてから約半年後、なんと私にも「身に覚えのない商品(代引きではないパターン)」が届きました!!内心、ちょっとうらやましいと思っていたのでびっくり。呼び寄せたのでしょうか。

 

2020年1月2日、注文していない車のLEDヘッドライトが連日で3個も届きました(焦)。

しかも、住所が日本なのに台湾って書いてある。謎です。

 

カスタマーサービスに問い合わせたところ、業者が間違えて発送したとのこと。

そして商品は、返送してもそのまま受け取っても構わないということでした。amazonさん神対応・・・!

※ケースバイケースなので、身に覚えのないものが届いたらまずは問い合わせましょう!アマゾンに問い合わせる方法は最後に紹介しています。

 

ありがたく受け取らせてもらい、家族や知人の車のヘッドライトを付け替えさせていただきました

 

アマゾンから注文していない荷物が届くにはなぜ?

 

まずは直接的な原因ですが、個人情報が何らかの経路で業者にわたってしまったものと思われます。

 

過去に、例えばプレゼントへの応募などでどこかのサイトに住所や氏名を登録したものが、悪用されている可能性があります。

 

ただ、原因を特定するのは難しいでしょうし、一度流出してしまったものは元に戻せません。少なくとも、今後自分に実害がないように対策を練るしかないでしょう。

 

 

次に、なぜ業者はそんなことをするのか?という観点から述べたいと思います。

 

ひと言でいうと、大量に商品を販売した実績がほしい業者が仕組んだ、一種のマーケティングなのでしょう。販売実績が多いことや、レビュー数が多い、レビューの評価が高いことは、検索上有利にはたらくため、他社を出し抜きたいがためそうしているのではないでしょうか。

 

サンプル品の配布と考えれば分かりやすいですね。

タダでもらうのは申し訳ないという気持ちを利用して、その見返りにレビューを書かせている可能性もあります。

 

 

根拠としては、送られるものが安価であることること、特定の安価な商品に大量のレビューがついていることがあることです。

 

商品代金を業者もちにしてしまえば、当然コストがかかります。ですので、できるだけ多くの人に商品を届けたいというならば、安い商品をばらまきますよね。

 

レビューはどんなときに書きますか?私だったら、すごく商品がよかったときや、店側から要求されたとき。それからある程度の金額のもので、他の商品と迷った末に決断して買った商品だったら、誰かにその理由や使い心地を教えたくなります。でも、ごく普通の日用品で、おまけに安価だったら、そこまで書くモチベーションが湧きません(人それぞれだと思いますが)。よって、もし特定の安価な商品だけ異様にレビューが多かったら、変だな?と感じます。

 

単なる商品の在庫処分という理由もありそうです。amazonの倉庫に商品を置いている場合、販売業者は毎月保管料を払わなければなりません。なかなか売れない商品を在庫として持っているとしたら、コストばかりかかってしまうので、早く処分してしまいたいですよね。そこで、売れたことにして在庫を掃けさせているのかもしれません。

私が遭遇したケースは、きっとこの在庫処分に該当するのだと思います。

業者さんがもし本当に間違えで発送したならお気の毒ですが、ちゃんと連絡をしたし、本当に買った人には商品が届いているでしょう。

 

 

amazonの仕組み上、個人のアカウントを作成する上で本人確認をしているとはいえ、複数のアカウントは、作ろうと思えば作れてしまうようです。その抜けを利用して、毎回異なるアカウントから商品を注文し、他人に送り付けているという事例もありました。

 

悪さをする業者は早く摘発してほしいところですが、差出人不明となると、私たちは直接被害を訴えることができません。プラットフォームであるアマゾンに対応を依頼するしかなくなってしまいます。こちらは個人情報が握られているのに、業者名を明かさず、amazonや配達業者ばかりに迷惑をかけている業者は許せませんね。

 

 

amazonカスタマーサービスに問い合わせる方法や、電話の対応は?

amazonのカスタマーサービスに連絡する方法について、お伝えします。

 

まず、ご自分のamazonアカウントにログインします。

ページ下部までスクロールし、「ヘルプ&ガイド」内の「ヘルプ」をクリックします。

 

「ご希望の操作を選択してください」という画面に移ります。下の方の「トピックから選択」内のメニューから、「問題が解決しない場合は」を選択します。「カスタマーサービスに連絡」という項目があるので、クリックします。

 

「1.お問い合わせの種類を選択してください」で「注文内容」、

「2.お問い合わせ内容を選択してください」で該当する内容を選択します。商品だけが届いたのであれば「その他のご注文に関するお問い合わせ」、請求が発生していれば「身に覚えのない請求」でいいと思います。

※上の画像では実際に注文した商品が表示されていますが、注文履歴になく、Amazonから発送されたことになっている商品について問い合わせしました。

 

「3.お問い合わせ方法を選択してください」で電話を選択すると、電話番号を入力する欄が出てくるので、「+81」のあとに0を抜いた電話番号を打ち込みます。

 

ボタンを押した瞬間に電話がかかってくるので、びっくりすると思います。笑

要点を整理して、伝えるべきことの準備ができてから通話しましょうね。

 

※画面は、2019年5月時点のものです。amazonのインターフェースは変わる可能性があります。

 

もし、Amazonのアカウントを持っていない場合は、フリーダイヤル「0120-999-373」(最初は自動音声が流れます)に電話しましょう。

 

以上が電話で問い合わせをする場合の流れとなります。

 

 

さて、カスタマーサービスに電話した場合、どこまでのことを教えてもらえるのでしょうか。

 

一番気になるのは、「誰が送ったか?」ではないでしょうか。

 

「だれから送られたものなんですか?」と問うと、

「個人情報保護の観点からお教えすることはできません」という回答が返ってくるようです。

 

ギフト配送で送られたものについては、

「親しい方からのギフトです、としかお伝え出来ません」という回答もあったとか。

 

何回も身に覚えのない商品が届いた人に関しては、

「毎回違う発送者からのものです」ということは教えてくれるそうです。

 

そして、「自分に請求されることはないのか」も気になるところです。

そこは、amazon側もはっきり返答をしてくれるようです。

「すでに注文者よりお支払い済みです」など、回答をもらえます。

 

結論、自分で判断しないでカスタマーサービスに連絡しよう

 

amazonから身に覚えのない荷物が届いたとき、するべきことをまとめます。

  1. 受取拒否するか、届いた箱に手をつけない
  2. amazonの注文履歴を確認する
  3. 履歴がない場合、履歴があるがまたは注文した覚えがない場合、カスタマーサービスに連絡する ※履歴があり、誤発注だった場合、Web上で注文のキャンセル・返品手続きをする

 

カスタマーサービスに連絡することなく、「どうせ支払い済みだし」と自己判断で商品を消費してしまってから、なにかあっても嫌ですよね。まずは、起こり得ないことがあったと報告してから行動しましょう。

 

その上で、商品をご自由にお使いくださいということであれば、ラッキーと思って商品を使いましょう。気持ち悪いのなら、返品手続きをして引き取ってもらうこともできます。

 

なお、忙しくてすぐに連絡できないときは、受け取った箱を2週間は手を付けずにおいておきましょう。法律上は、2週間後から自由に処分していいことになっています。

 

まとめ

amazonに関する詐欺はいろいろありますが、事前にどんな手口か知っておくことで防げることも多いです。

今回紹介した商品が送り付けられるケースでは、個人情報が握られているという負の側面はあるものの、商品がもらえるという正の側面もあります。私たちで犯人の特定ができない以上、正しく対処した上で、もらった商品は好きに使ってしまいましょう。(使えない商品だったら邪魔なだけですが・・・)

そして、怪しいサイトで個人情報を入力しない、マーケットプレイスでの買い物は評価をみるなどして慎重に行う、など、今後起こらないようしっかり対策もしたいところですね!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました