飛鳥山公園周辺の駐車場・駐輪場は?飛鳥山公園モノレール(アスカルゴ)の利用時間や料金を解説します!交通アクセス・パーキング・駅の出口・スロープ情報も

新しい年を迎えると、待ち遠しい春。今年はなにしよう?どこに行こう?とワクワクしますね!

春といえば桜の季節。お花見のプランは、もう考えていますか?

 

東京都では、毎年ニュースで取り上げられる目黒川や上野公園が有名ですね。しかし、混雑がひどくて行く気がしない・・・と思ったことがある人も少なくないはず。桜を楽しみたいだけなのに、人混みの中を歩いたり、長い時間席取りをしたり、疲れてしまいますよね。

 

そこで、私がおすすめしたいのは王子にある飛鳥山公園ですお祭りがあって賑やかですし、座れる場所が多いため、混雑はしますが、ほかの有名どころほどはひどくありません。

 

しかし、はじめて訪れる人は、特に公園への行き方や駐車場に、迷うことが多いみたいですね。

 

この記事では、飛鳥山公園への行き方について詳しくご紹介します!

誰かに教えたくなる豆知識もいっしょにお伝えしてますよ。

 

おまつり・イベント情報やランチ情報は、別記事で紹介する予定ですので、お楽しみに!

 

飛鳥山公園の住所とアクセスはこちら!

飛鳥山公園の住所は、「東京都北区王子1丁目1−3」です。

王子駅と本当に隣接しているので、「王子1丁目」という住所もうなずけますね。

本郷通りを隔てて、向こう側が「滝野川」という住所になっています。また、京浜東北線の線路の向こう側は、「王子本町」という住所です。

 

アクセス方法は、下記の通りとなっています。

  • JR京浜東北線「王子駅」中央口か南口下車すぐ
  • 都電荒川線「飛鳥山」「王子駅前」下車すぐ
  • 北区コミュニティバス【Kバス】王子・駒込ルート[8][20]飛鳥山公園下車すぐ

駐車場(普通車21台、バス4台)もあります。

 

最寄り駅がいくつかあるので、便利ですね。

それでは、実際の行き方にいってみましょう。前半で公共交通機関を使っての行き方、後半で車・バイク・自転車での行き方をご案内します。

 

飛鳥山公園へ行こう!JR・さくらトラム(都電荒川線)・バスからアクセス可能!モノレールの名前は「アスカルゴ」

飛鳥山公園へ公共交通機関で向かう場合、最寄り駅は「王子駅(前)」または「飛鳥山」です。王子駅は「下町の上野駅」と言われるほど、交通機関が多く集まっていて便利な場所です。それぞれ解説します。

 

1.JR京浜東北線・東京メトロ南北線「王子駅」からアクセス

遠くからお越しなら、電車が最も使われる交通手段だと思います。

JR京浜東北線をご利用の場合、横浜・東京方面または赤羽・浦和方面から、「王子駅」で下車します。

東京メトロ南北線を利用する場合は、六本木・四ツ谷方面、または王子神谷・鳩ヶ谷方面からくる電車に乗って、「王子駅」で降ります。

 

さて、王子駅に着いたはいいものの、どこの出口から出たらいいのでしょう。

北口・中央口・南口とありますが・・・正解は「中央口」または「南口」です!

 

どこから出ても辿り着くことはできますが、飛鳥山が明治通りという大通りに面しており、横断歩道の数が少ないため、北口から出ると遠回りになってしまうのです。

 

私の悲しい体験を書きますね。以前、友達数人と改札で待ち合わせしたときに、私以外の全員が駅の反対側にいたのです!春の陽気のなか、北口から南口まで汗だくで走ったのが懐かしいです・・・。そんな目に遭わないように、待ち合わせの出口はしっかり確認しましょう!

 

パターン1:中央口からでる場合

中央口から出た場合、改札を出ると線路の下に出ると思います。そのまま左側に進めば、飛鳥山公園へ運んでくれるスロープカー「あすかパークレール」乗り場があります。乗車賃はなんと・・・無料です!そしてほぼ毎日運行しています。

利用時間は、午前10時から午後4時までとなっています。年末年始や、悪天候のときはお休みします。また、保守点検が毎月第1木曜の午前10時から12時まで入るので、注意してください。

 

王子の地区はもともと高台にありますが、飛鳥山公園はその中でもさらに高台にある(災害時の避難場所にも指定されている)ため、階段が必須なのです。しかし、それでは障害をお持ちの方や高齢者、ベビーカー連れの方が気軽に入ることができません。そこで、2009年に「あすかパークレール」が設置されました。

 

「あすかパークレール」は、山頂駅までを結ぶ、たった48mのスロープカーです!しかし侮るなかれ。約2分間の乗車時間のあいだ、北区アンバサダーである倍賞千恵子さんの声で、飛鳥山公園についてのお話を聞くことができます。しかも季節によって内容が変わるようですよ。せっかく飛鳥山公園に来たなら、これに乗ることをおすすめします!

なお、「あすかパークレール」は施設の愛称で、正式名称は「飛鳥山公園モノレール」です。車両の愛称は「アスカルゴ」(エスカルゴ、かたつむりに形が似ているから)。名前が長いので地元民は大抵「アスカルゴ」と呼んでいます。進むのもカタツムリ並みにゆっくりなアスカルゴですが、分速28mですから、分速0.8mの一般的なカタツムリよりは35倍くらい速いようです。

 

ただし、イベントがあるときなどは、アスカルゴへの行列が長く、大変待たされます・・・。少しだけ歩くとスロープがあるので、混んでいたらそちらを目指しましょう。

アスカルゴに乗らない場合、そのまま公園沿いに左回りに歩いていけば、歩道橋近くにスロープのある入り口があるので、そこから入ります。

つまり、中央口からアクセスすれば、アスカルゴまたはスロープで、段差無しで飛鳥山公園に入れます!

 

※王子駅はエレベーターがあるのが中央口のみなので、エレベーターを必要とする方は必然的に中央口ルートに導かれます。

 

パターン2:南口からでる場合

JR京浜東北線の北口・中央口とは正反対にあるのが、南口

ほかの2つが栄えている側だとしたら、南口は栄えていない側です。東京メトロ・バスや都電の駅と隣接しているわけではなく、JR京浜東北線の出口のみになっているのが南口です。

南口に出たければ、JR京浜東北線の東京寄りのはじっこの車両に乗りましょう。

 

南口に出ると、陸橋がありますので、渡ります。そうすると、JRの線路沿いの細い道に出ると思います。出て右に行けば駅側(アスカルゴ乗り場)、左に行けば飛鳥山公園の入り口(王子駅南口方面)です。右にいってアスカルゴに乗るというのはかなり遠回りなので、そもそも除外しますね。

王子駅南口から公園へはいるルートは、線路沿いの道をひたすら真っ直ぐ歩くだけです!

まっすぐ歩いた先の右側に階段が見えますので、そこを登れば飛鳥山公園に着きます。

 

このルートは地面は石が転がっていたり、公園入口の階段が急だったり、ちょっとワイルドな感じなので、ハイキング気分を味わいたい人におすすめです。公園の入り口にスロープはないので、気を付けてください。また、金網の向こう側で行き交う在来線や新幹線を至近距離で見ることがてきるので、電車好きにもおすすめです。

 

この1本道は「あじさいの小径」と言われていて、夏には公園の斜面にたくさん植えられた紫陽花が咲きます。電車が停まっていなければ駅側からも見下ろすことができます。

 

また、駅側には「さくら新道」という飲み屋街があります。大半は2012年に火事で燃えてしまいましたが、残った建物は一見の価値ありです。戦後からあった長屋は、今はベニヤ板で入り口を塞がれており、東京オリンピックのため2020年までに取り壊されることが決まっているようです。ノストラジックな雰囲気があって良かったのに、残念です。

いま唯一営業しているお店はドラマ「女王の教室」でロケ地に使われたこともあるそうですよ。

3.さくらトラム(都電荒川線)「飛鳥山」からアクセス

さくらトラムを利用する場合、「飛鳥山公園」が最も飛鳥山公園から近いです(横断歩道を渡ってすぐ!)。

三ノ輪橋方面、または早稲田方面からくるさくらトラムが「飛鳥山」に発着します。

 

もちろん、「王子駅前」停留所から歩いて行くことも可能ですよ。

乗車賃は、距離に関係なく大人170円(IC165円)、小児90円(IC82円)です!

 

ここで、初めて都電に乗る人へちょこっと解説。

都電は、線路の上を走っていますが、乗降システムは基本的にバスと同じです。

駅は無人で、改札はありません。電車は1両編成で、前側(運転席側)から乗車します。乗車したときにICカードをかざすか、現金を支払います。降りる時は、手前の駅を出発したらブザーを押し、後ろ側から降ります。

最近は、運転席の後ろにデジタルサイネージ(電子看板)があり、何駅か先の停留所まで表示されていますので、音楽を聞いていて耳がふさがっていても、乗り過ごす心配がなく安心です。

地元に住んでいる高齢者や子供連れの乗客が多く、車内の雰囲気は和やかです。席を譲りあったり、話しかけられたりはよくあることです。

なお、さくらトラムという呼び名は、2017年からつけられた新しい愛称です。都電荒川線の名称が変更になったわけではありません。東京都で唯一現役ではしっている都電ですが、ご年配の方は、「チンチン電車」という呼び名の方が親しみが湧くかもしれませんね。由来は、電車を降りるとき鳴る「チンチン♪」というベルの音です。

都電沿線には、飛鳥山公園だけでなく「荒川二丁目」の荒川自然公園、「面影橋」の神田川沿岸など、桜の名所がたくさんあるため、「さくらトラム」という名前が付けられました。が、実は桜だけでなく「熊野前」や「荒川遊園地」(リニューアル工事のため、2021年夏ごろまで休園中)あたりのバラもすごくきれいです。荒川区が環境美化に力をいれていて、都電の線路脇はいつも綺麗です。飛鳥山公園に訪れた際は、ぜひ周辺の駅にも散策に出かけてみてくださいね♪

3. 都バス「飛鳥山」からアクセス

都バスで飛鳥山公園へ向かう場合、最寄りの停留所は「飛鳥山」です。

停留所を降りたら、木が生い茂った大きい公園が見えるので、すぐわかりますよ!明治通り沿いを歩いて、交番に向かう横断歩道を渡るだけです。

 

なお、都バスの停留所「王子駅前」から歩いていく方法もあります。バスは王子駅北口にあるバルターミナルに発着します。池袋からは10分程度ですよ。足立区方面・赤羽方面や新宿駅からくるバスも王子駅にとまります。

 

4. コミュニティバス「飛鳥山公園」からアクセス

JR王子駅やJR駒込駅を通るKバス(東京都北区のコミュニティバス)で行く方法です。近隣にお住いの方限定になってしまいますが、一乗車100円なのが嬉しいですね。

 

飛鳥山公園周辺の駐車場・駐輪場はここをチェック!安いパーキングはどこ?バイクでも寄れる?

最後に、車やバイクで飛鳥山公園に行く場合の駐車場情報をご案内します。

お花見の時期は、駐車場は大変混雑しますので、正直に言って車で飛鳥山公園に行く事はおススメしません。公共交通機関を使った方がスムーズです。

 

そうは言っても、どうしても車でないとダメなんだ~という方もいらっしゃいますよね。早くから行けば、ワンチャンあるかも・・・?という気持ちでトライしてみてください!

 

1.車を利用する場合

飛鳥山公園には、敷地内に駐車場があります。

 

普通車21台 身障者用2台 大型車両4台と、そこまでキャパは大きくありません。駐車料金は、大型車以外は30分あたり150円となっています。

利用時間は午前8時30分から午後6時30分までとなっているので、要注意です。

 

飛鳥山公園に面している都道455線(明治通りから名前が変わって本郷通り)は、双方向2車線ずつの道路になっています。王子駅から本郷に向かう、公園側の道路から駐車場に入れます。

 

 

車の場合、周辺のパーキングに止めるのが現実的です。

 

以下が、ムリなく歩いて行ける距離の駐車場です。

 

タイムズ 飛鳥山公園前 収容台数6台 東京都北区西ケ原2丁目24

30分200円、最大料金は1200円です。

ただし、19時~翌朝7時までは60分 100円(最大料金は500円)になっています。

一言:飛鳥山公園駐車場の向かい側です。本郷通りで本郷方面からきたときは、この駐車場に停めるといいでしょう。

 

三井のリパーク滝野川1丁目第3 収容台数4台 東京都北区滝野川1丁目87−2

40分200円、最大料金は700円です。

ただし、20時~翌朝8時までの最大料金は300円になっています。

一言:飛鳥山公園から少し歩きますが、比較的近い駐車場です。最大料金の安さが魅力です。

 

タイムズ王子駅南口 収容台数30台 東京都北区栄町42−42−9

60分300円、最大料金は1,000円です。

ただし、19時~翌朝7時までは60分 100円になっています。

一言:飛鳥山公園からそこそこ歩きます。あじさいの小径を通る前提のルートです。王子駅に向かって歩き、歩道橋を渡りましょう。

 

安さでいえば、三井のリパーク滝野川1丁目第3>タイムズ王子駅南口>飛鳥山公園駐車場>タイムズ 飛鳥山公園前 です。(ただし、いずれも大きく変わらない)

近さで言えば、飛鳥山公園駐車場>タイムズ 飛鳥山公園前>三井のリパーク滝野川1丁目第3>タイムズ王子駅南口 です。

 

駐車場の情報は変更になることがありますので、ご了承ください。

ネットで予約して、個人宅の駐車場を時間で貸し出すサービスもありますので、当日慌てないためにも、事前のネット検索はマストですよ。

 

2.バイクを利用する場合

バイク専用の駐車場もありますので、ご案内します。

 

王子駅南口自転車駐車場(バイク専用) ※原付(50cc以下)のみ 収容台数52台 東京都北区堀船1-2

1日1回150円です。利用時間は6:30~19:30。

一言:月極と時間貸を兼ねているため、事前に電話で空き状況を確認の上、予約しましょう。王子駅南口に近いので、あじさいの小径ルート推奨です。

 

七社神社駐車場 収容台数6台 東京都北区西ケ原2-11-1

1日1500円程度です。

一言:カレンダーによって料金が変わるので、事前に料金の確認および予約が必要です。

 

王子駅前バイク専用駐車場 収容台数2台  東京都北区岸町1丁目3-5

15分60円、最大料金は600円です。

一言:こちらも事前予約制です。また、駐車場近くの道路は一方通行なので気を付けてください。

 

安さでいえば、王子駅南口自転車駐車場(バイク専用)>王子駅前バイク専用駐車場>七社神社駐車場 です。

近さで言えば、七社神社駐車場>、王子駅南口自転車駐車場(バイク専用)>王子駅前バイク専用駐車場 です。(ただし、いずれも大きく変わらない)

 

3.自転車を利用する場合

自転車の距離で行けちゃうよっという方は、以下の駐輪場に停めてみてください。

 

飛鳥山公園内の駐輪スペース 収容台数はスペースにおけるだけ 東京都北区王子1丁目1−3

料金はかかりません。

一言:児童エリア(遊具がたくさんあるところ)にあります。

 

音無親水公園自転車駐車場 収容台数不明  東京都北区王子本町1-1-1

1日1回150円です。

一言:王子駅の北口に近いため、中央口ルートに合流していくといいでしょう。

 

北区役所 王子駅南口自転車駐車場 収容台数不明  東京都北区王子1-3-40先

1日1回150円です。

一言:王子駅の南口に近いため、南口ルートでいくとよいでしょう。

 

安さ近さで、ダントツで飛鳥山公園内の駐輪スペースです。公営の有料駐輪場は、エリアごとに料金がきまっているので、料金の差はありません。2つのなかで近さは音無親水公園自転車駐車場のほうが近いです。

 

ただ、駐輪場も駐車場と同様、スペースに限りがあります。公営の有料駐輪場は、つねに自転車がいっぱい停まっているようです。花見の時期は、付近の空きスペースが臨時の駐輪場になる可能性がありますが、過度な期待はせず、歩きか公共交通機関を使うのがベターでしょう。

 

以上、アクセス情報をお届けしました。この記事があなたのお役に立てたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました