あいたた・・・痛い女の特徴!いつまでも「女子」気分の30代・40代おばさんエピソード

女子会、おひとりさま女子、肉食系女子・・・と「女子」がつく言葉を挙げたらきりがないですが、女子って何歳までなんでしょう?

アラサー世代から上が言っていたら、ちょっと「痛い」んじゃないでしょうか。

今回は、そんな「行動が痛いな~」というオバサンについて、エピソードとともに紹介していきたいと思います!

痛い女の特徴とは?エピソードとともに紹介!

まず、痛い女はどんな特徴があるのかをまとめてみました。

  • 年齢相応のファッションをしていない
  • 言葉遣いが若者風すぎる
  • いつまでもお姫様気分でいる
  • 結婚相手の理想が高すぎる

次に、それぞれエピソードを紹介していきたいと思います。

年齢相応のファッションをしていない

年齢不相応の服装といえば、ミニスカートやベアトップなど、露出の激しい服が第一に挙げられます。

例えば、アラフォー女性のミニスカートから生足が出ていて、その足がガリガリに痩せていたとしたらどうでしょうか。痩せ方って年齢が如実に出てしまうので、例えば太っているよりも、場合によっては見苦しくなってしまうんですよね。ストッキングをはいた方が無難だったと思います。

また、こちらはありがちなんですが、ダメージデニムから生足が見えているケース。10代~20代前半くらいだったらいいんだと思います。しかし、アラサーで穴だらけのジーンズを履いている方で、かなり貧乏っぽい見た目になってしまったということがありました。

 

また、露出が激しくなくても、服装が若者風過ぎるということもあります。流行の服って、それぞれの年代にあると思うのですが、下の年代の方の波に乗っちゃってるケースです。

あるアラフィフ女性は、流行の服で固めて街を歩いていたら、後姿がイケイケだったのか、男性から声を掛けられようとして前側を見た途端、「チッ」と舌打ちされてしまったそうです(失礼な話ですけど)。

また、制服風のファッションが許されるのは、高校卒業して3年くらいでしょうか。もちろん、コスプレイヤーさんは別としてです。20代後半になって友達がセーラー服風の服を着ていて、ちょっと痛いと思ってしまいました。

言葉遣いが若者風すぎる

言葉遣いがきれいだと、知的で、大人っぽい女性という感じがしますよね。

逆に、言葉遣いがちゃんとできていないと、幼稚な感じで、痛いと思ってしまいます。

例えば、あるアラフォー女性は、会話の中で「マジで」「やばい」連発するなど・・・いい年をして、ボキャブラリーが貧相なんです。

もちろん、年下と付き合ったりすると、若者言葉がうつることはあると思いますが、

はたからみると痛い女ということになってしまいます。

いつまでもお姫様気分でいる

自分がちやほやされた若い時は、周りの男性がおごってくれたり、

車を出してくれたり、いわゆるメッシー・アッシー(死語)がいたかもしれません。

しかし、そんな気分で年を重ねて、気が付いたら周りには誰もいなくなっているとしたら、目も当てられません。

あなたの周りにもいませんか?誰かに媚びてもうざがられてしまう・・・本人はおかしいなぁ?と思っていても、周りからみたらただの痛い女という人が。

 

インスタなどのSNSで見かける痛いオバサン

インスタはfacebookがおじさん・おばさんばかりになったので、若者が逃げ込んできたSNSだと一部でいわれていますが、インスタもよくみると無理して若作りしている痛い女っていますよね。

例えば、そんな人はプロフィール画像で自分撮りのとき上目遣いにしたり、胸の谷間を強調したりして、明らかに男子をの視線を狙っています。

そこまであからさまでなくても、女性目線からしたら「狙っているか・狙っていないか」はすぐ分かります。

また、若い人であっても痛い女になっていることがあります。

例えば、突然すっぴん写真をアップしたり、コーデの解説が始まったり・・・あなたは芸能人かモデルですか?と聞きたくなりますね。

申し訳ないけど、一般人のすっぴん顔も、普段着も、そこまで興味がない人が大半でしょう。

本人からしたら、「いいね!」「かわいい!」の声が欲しいのだと思います。

ひねくれてしまった場合は、「ブスすぎてつらい」など自虐的なコメントをつけたうえで、なお自撮り写真を上げるケースもあります。これは逆の意味ですので、間違っても同意してはいけませんよ。

 

痛いアラサーの特徴的な行動

頻繁な飲み会、クラブ通いなど、「遊んでそう」な印象の行動は大人の女にはふさわしくないのでしょう。もし彼女が20代のノリで夜遊びをし続けているとしたら、男性としては心配になってしまいますよね。つまり、彼氏がいないアラサー女性は、そういった行動から本命彼女から遠のいてしまっているのです。

一人で堂々と行動できて、できれば仕事以外の趣味があったほうが、人間的に魅力があるのではないでしょうか。常にだれかと一緒にいるのも、ときには考えものですよね。

クラブとひとことに行っても、音を楽しむ人向けと、ナンパをする人向けの場所があるようですので、前者はまだしも後者にアラサーがぶっこんだとしたら、ちょっと痛い女ですね。

アラフォーの独身女が痛いと感じるとき

アラフォー独身女性は、結婚に対して具体的なイメージがなく、また自分が年を取っているという現実が見えていないことが多いようです。そのため、高額な結婚指輪を要求したり、結婚相手にハイスペックな男性(超高収入で若くてイケメン、性格も優しいなど。。。)を希望したりすることが実際にあります。そんなずれている行動をとっていると、痛い女だと感じます。

30歳を過ぎると、結婚できる確率が一気に下がるため、20代のままの婚活を続けていても、なかなか結婚までつながらないのが現実です。

痛い女として結婚できないまま、気が付いたら40代、60代と高齢者への階段を上っていくなんて、悲しすぎますね。

 

まとめ

あなたの周りにいる痛い女は、上に挙げた特徴にあてはまっていましたか?

痛い女は、痛い目にあわないと、なかなか自分が「痛い女」ということに気づかないもの。なかなか厄介な存在ですが、優しくしてあげましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました